子育てに役立つ情報へようこそ

子供の名前のつけ方,子供の病気,ベビーシッターの資格,マクラーレンのベビーカー,おもちゃ王国,手作りのおもちゃ,布のおもちゃ,おもちゃ病院,離乳食,育児休業,子供連れの旅行,国民生活金融公庫の教育ローン,学資保険,幼児教育,幼稚園と保育園,夜間保育,家庭保育,学習障害,キッズ携帯,子供と自転車,中学受験,私立中学偏差値,中学受験の塾選び,個別指導塾,学習指導要領,総合的な学習の時間,少年法,義務教育,13歳のハローワーク,などに関する情報を提供しています。


子育てに役立つ情報項目一覧


最新記事
子連れ旅行のための宿泊施設選び

「子連れ歓迎」をうたっている宿泊施設でも、当然のことながら、全ての施設が同じサービスを提供しているわけではありません。子連れ旅行の際の宿泊施設を選ぶ際は、たとえば以下のポイントを前もって調べて選ぶと快適に過ごせるかと思います。

・料金設定
:(「子供料金の表示がない=無料」とは限りませんので事前によく調べましょう)

・食事内容
:(子供用の食事を用意してもらえるか)

・オーナーやスタッフが子供好きかどうか
:(これは口コミなどでないとわかりませんが、結構重要なことかと思います)

・お風呂や部屋のレイアウト・つくりなど

・子供向けの遊具や遊び場があるかどうか

・子連れに便利な設備は整っているか
:(離乳食・ミルク・洗濯・おむつなどの設備があるかどうか)


また、子供の持病やもっている体質など、家庭によっても若干条件が違うので、上記のこと以外にも、各家庭の事情も考慮のうえ、宿泊施設を決めたらいいと思います。

 
子連れ旅行の悩み

旅行に行きたくても、子供連れの場合は、どうしても行き先や宿泊場所などにおいて、いろいろな制限が出てきてしまいます。特に小さな子供の場合はなおさらです。

旅行の際には、子供を誰かに預けてしまうのが一番手っ取り早いのでしょうが、必ずしも預かってくれる先があるとも限りませんよね。また、もしも預かり先があったとしても、短期間ならともかく、長期の旅行となると、何かと子供のことが心配になって、あまり旅行が楽しめないということもあるでしょう。

なので、子連れで旅行したり、預けたりするよりは、「子供が大きくなるまで旅行はガマンしよう」となることも多いですが、工夫次第で小さな子供がいても、旅行を楽しむことはできます。

うまく探せば、子供連れをターゲットにしたサービスが多数存在しているのを見つけることができると思います。
特に宿泊施設に関しては、「子連れ歓迎」、「ファミリー向け」を売りにした宿泊施設も多数あります。もちろん、一般の施設と比べて子供に気を遣ったサービスが受けられます。
子供を連れた旅行の際には、宿泊施設などをよく調べて、家族が快適に過ごせるプランを練りたいものですね。